東京でVIO脱毛するならここがおすすめ

デリケートゾーンのお手入れは欠かせませんが、カミソリなどを長年使い続けると、黒ずみや埋もれ毛などの肌トラブルの温床ともなりかねません。最初は大丈夫でも何回も処理をしていくうちに、肌がだんだん黒ずみ、取り返しのつかないことに・・・。そうなる前に、脱毛サロンでプロに任せるべきなんです。

東京で脱毛するならココ!

そう言われても、脱毛サロンがたくさんあって、どこを選んでいいのかわからないという脱毛初心者の方は多いでしょう。そこで、東京でVIO脱毛するのにおすすめの脱毛サロンをご紹介します。
VIO脱毛と言えばピュウベッロです。11年の実績と信頼を誇るピュウベッロでは、高い技術を比較的リーズナブルな価格で受けることができるんです。特に人気がハイジニーナ脱毛、つまりVIO脱毛です。
ピュウベッロではVIOを脱毛するなら、3部位お手入れできるハイジニーナ脱毛6回が47800円のところ、今なら43000円で受けられます。また、Oラインはしなくていいというなら、VとIをお手入れできるWチョイス脱毛が6回23000円で受けられます。
ピュウベッロに通う女性の9割がVIO脱毛が目的とも言われているので、デリケートゾーンをお手入れするにはもってこいの脱毛サロンです。
東京近郊にお住まいなら、ピュウベッロはヴィトゥレも合わせると東京には9店舗展開しているので、近所にあればそちらに通ってもいいですし、渋谷や新宿、銀座、自由が丘などの店舗に通って、ついでに買い物や食事を楽しむのもいいでしょう。


vio脱毛した人の感想や口コミ

vio脱毛をした人の感想は「痛くない」が多い!

vio周辺の皮膚は敏感で、ちょっとした刺激でも痛みを感じそうな気配ですが、脱毛方法を選べば痛くないレベルで終了できるのです。ニードルという、電極のハリを毛穴に差し込む方法はかなり痛いです。ですが、照射方法を選べばあまり痛くないのです。個人差にもよりますが、ほとんどの人がvio脱毛を照射方法によるものを選んで痛くない状態で終わらせてます。感想も様々ですが、「痛い」と答える人の方が少ないですね。
vio脱毛は自分で毛を剃ってからエステサロンやクリニックに出向くという動きが一般的です。自分のペースでゆっくり時間をかけて剃れば大丈夫です。店舗にて照射脱毛をし、終わったらアフターケアで冷却すると皮膚の刺激が落ち着いてきますので、軽く洗う程度の入浴やシャワーもOKです。脱毛をした後は余計な毛がないのですっきりと過ごせるんですよ。
vio脱毛は非常に人気のコースなのでどこのエステサロンも夏になると予約が殺到します。予約を取るのに出遅れないように、今から申し込んで、毛が生える周期に合わせた計画で脱毛をしましょう。毛は28日周期で生えかわると言われてます。準備万端で計画を立てて脱毛漏れが無いようにしたいですね。毛の量や太さなどで違いが出ますが、平均5回から6回くらいでツルツルのvioラインを手に入れることができます。毛穴のブツブツもサヨナラできますので、まだやってない人は早めに終わらせて綺麗なvioラインを作ってしまいましょう。

vio脱毛で黒ずみが解消するのかを口コミから判断

vio脱毛をエステやクリニックでする女性が増えています。デリケートな部分こそ、プロに任せて安心安全な脱毛をするのは非常に正しい選択と言えましょう。そんなエステでのvio脱毛ですが、黒ずみも解消できるという噂が実しやかに囁かれているようですが、真偽のほどはどうなのでしょうか。そこで、実際にエステでvio脱毛をした人の口コミを参考に、黒ずんだ肌が解消できるか検証してみました。

 

口コミを検証!

まず、エステでは毛のメラニンに反応する光を照射して、毛根を処理する光脱毛という方法でお手入れを進めていきます。カミソリや毛抜きと違って皮膚に余計な力がかかりません。そもそも黒ずみの原因は何かというと、肌への過剰な刺激なんです。つまり、肌に過剰な刺激が加わると、メラノサイトが活性化し、メラニン色素が大量発生します。それが黒ずみの原因なんです。つまり、肌に余計な負担がかかっていたカミソリや毛抜きなどの処理とは違い、光脱毛は光を照射するだけなので、肌に与える刺激が圧倒的に少ないのです。理論上、光脱毛ならメラノサイトを刺激しないので、肌が黒ずむ心配はないのです。
それでは、実際にvio脱毛を受けて黒ずみは解消するのでしょうか。口コミによると解消したという人がほとんどです。どの程度解消したかは人にもよりますが、肌への刺激が減るため、黒ずみが悪化することはまずありえません。また、肌のターンオーバーが正常化することで、黒ずんでいた肌が本当にきれいになるケースもあるようです。